環境活動

人と地球にやさしい環境づくり

大小問わず全ての企業には、私たちの地球の自然保護と健全化に貢献する責任があります。東興電機製作所はこの責任を真摯に受け止めています。

当社では、2009年4月にエコアクション21認証取得し、現在もエコアクション21のシステムに基づいた、継続的な環境保全活動につとめています。また、RoHS指令に準拠した体制を整えており、RoHS対応と非対応のハンダ等の設備、作業場所の識別・区分けを実施し、部品識別、混在防止のための手順を構築し、全作業員に教育を実施しています。

エコアクション21

「エコアクション21」は、国際規格の「ISO 14001」をベースとしており、平成16年から環境省が策定した「エコアクション21ガイドライン」に基づく、 認証登録制度が創設され、環境省の外郭団体である(財)地球環境戦略機関(外部リンク)が認証する環境マネジメントシステムの国内規格です。

RoHS指令への対応

RoHS指令(Restriction on Hazardous Substances)とは、特定物質使用禁止指令という意味で、欧州連合(EU)が実施する有害物質規制を指します。2006年7月1日以降施行のEU域内で取り扱われる電気・電子機器製品について特定の6物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB(ポリ臭化ビフェニール)、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の含有を禁止しています。
東興電機製作所では、RoHS対応と非対応のハンダ等の設備、作業場所の識別・区分けを実施し、部品識別、混在防止のための手順を構築し、全作業員に教育を実施しています。
 

環境方針

医療機器の製造、放射線測定装置の製造およびITに関する様々なサービスを提供している、環境負荷の低い事業所です。次世代に豊かな地球環境を引き継ぐため、 社員ひとりひとりが楽しみながら、環境保全活動に取り組んでいきます。

  • 社員全員が会社の環境負荷を把握し、省エネルギー・廃棄物の削減に努めます。
  • 社員全員が環境保全に対する意識向上に努めます。
  • 社外に環境保全活動の重要性を発信していきます。
  • 環境に関する法規制や条例および当社が合意するその他の要求事項を遵守します。